洗顔料を試せるおすすめトライアルセット

フラセラの洗顔石鹸

●クリアソープ

【特徴】AHA配合のピーリング石鹸。肌への優しさを第一に考え、最高の素材を最高のバランスで処方した、毎日安心して使えるピーリング石鹸。

【Review】全く刺激もないし、洗いあがりは、余計なものが取れたって感じでツルツルです☆だからって乾燥も感じない。

琉白の洗顔石鹸

●月桃クリアソープ

【特徴】沖縄の天然成分「クチャ」、沖縄の海洋深層水、月桃葉ハーブ水配合の石鹸。細かな汚れまでしっかり吸着してくれます。

【Review】クチャのおかげなのか、ものすごくすっきりした洗いあがりで、くすみが取れたようにトーンが明るくなります。

セルファーマの洗顔石鹸

●セルファーマ スキンソープ

【特徴】チャージピール成分の弱酸性洗顔石鹸。いらない角質を取り除いて明るい肌にしてくれます。

【Review】強すぎない洗浄力。日常の汚れくらいはキレイに落とせていると思います。何よりつっぱらず、しっとりするのがいいですね。

ジーノ ブランフィアの洗顔石鹸

●アミノ ホワイト ソープ

【特徴】アミノ酸系洗浄成分とパパイン酵素が配合された洗顔石鹸。無香料 、無着色 、パラベン・アルコールフリー。

【Review】良い香りがします。弾力があるので泡だけを転がして洗うということが可能で肌に優しい気がします。

サッポースキンケアの洗顔石鹸

●ピュアマイルドEXソープ

【特徴】刺激物質0を可能にした石鹸です。大人だけじゃなく、赤ちゃんにも使えるほど肌に優しく作られています。

【Review】私は、どちらかと言うとしっとりした洗いあがりの方が好きなので、満足できました。乾燥肌の人にもすごく良いと思います。

POLA(ポーラ)Dの洗顔石鹸

●D ソープ

【特徴】高分子保湿成分配合なので、簡単に濃厚な泡が出来るという石鹸。天然成分がたっぷり配合されていて、しっとりした洗いあがりに。

【Review】いい香りが気持ち良さを倍増させてくれます。洗浄力は結構あると思います。でも刺激もなく安心して使える。

エトヴォスの洗顔石鹸

●クリアソープバー

【特徴】全身に使える石鹸です。3種類のヒト型セラミドも配合されているので、しっとりした洗い上がりに。

【Review】想像以上に泡立ちがいい石鹸です。ケチらず使うとしっかりした泡になります。良い意味で裏切られました。

江原道 オリエンタルプランツの洗顔石鹸

●オリエンタルプランツ 五能石鹸

【特徴】天然ノバラ油の香りがする濃密泡の石鹸。五能エキス、天然エモリエントオイルが配合されているため、潤いたっぷりに洗い上げます。

【Review】とっても気持ちイイ!洗い流すと、肌が明るくなって引き締まってるような感じがします。でもちゃんとしっとりした潤いも。

RJスキンケアの洗顔石鹸

●RJスキンケアソープ

【特徴】ローヤルゼリーエキスやハチミツが配合された洗顔石鹸です。毛穴の汚れもしっかり落としながらも、保湿力に優れたローヤルゼリーエキス入り。

【Review】つっぱらない石鹸は、さっぱりというよりしっとりした洗いあがりになることが多いですが、これは「さっぱり」です。

ヴァージンメディカルの洗顔石鹸

●保湿石鹸

【特徴】顔だけじゃなく全身に使える石鹸。防腐剤・合成界面活性剤も不使用で無着色・無香料。

【Review】泡を肌の上で転がしてみると、気持ちいい♪刺激もないし、乾燥している部分がしみることもありませんでした。

アウェイクの洗顔石鹸

●ミネラルブラック

【特徴】7時間もかけて燃やして作られたという桐炭が配合されていて、通常の炭よりも古い角質をしっかり除去。

【Review】洗い流す時も、短時間でさっぱりスッキリしました。乾燥まではしないけど、どちらかというとさっぱり目の洗い上がりだと思います。

アクセーヌ スキンケアプログラム ADの洗顔石鹸

●フェイシャルソープAD

【特徴】ADシリーズの洗顔石鹸。肌の刺激になる脂肪酸をカットし、肌への負担も少なく洗い流せます。低刺激。

【Review】泡は比較的柔らかめ。乾燥してる部分にもしみることもありませんし、優しくマイルドな洗い上がり☆

エレクトーレの洗顔石鹸

●フェイスソープ

【特徴】ミネラルオーレが配合された洗顔石鹸。無香料、無着色、防腐剤不使用、アルコールフリー、オイルフリー、無鉱物油、合成界面活性剤不使用。

【Review】クレイ成分が配合されているからか、すごくさっぱりした使用感。余分な油もしっかり取り去ってくれます。

DHCの洗顔石鹸

●マイルドソープ

【特徴】枠練り製法で作られた石鹸。オリーブバージンオイルやハチミツが配合されていて、洗浄力はあるのに潤いは残ります。

【Review】ごく普通の固形石鹸の香り。固形石鹸の割には泡立ちはいいです。泡自体は柔らかめ。ネットを使うとあわあわもこもこになりました。

豆腐の盛田屋の洗顔石鹸

●豆乳せっけん 自然生活

【特徴】2種類の国産大豆と宮崎県椎葉村の湧き水を使用し作られた石鹸。昔ながらの釜炊き枠練り製法。

【Review】泡立ちがすごくいいです。今の石鹸は割とすぐにモコモコになるものが多いけど、その中でも特に泡立ちの良さを感じました。

洗顔・洗顔料について

みなさんはご自分の洗顔の仕方に自信がありますか?洗顔の仕方については美容の専門家でも皮膚科医でも意見が分かれるところです。また肌質によっても洗い方は変わってきます。ここでは洗顔、そして洗顔料について基本的な情報をまとめてみたいと思います。

そもそも洗顔料は必要なの?

顔はもちろん体を洗う時も石鹸を使わないという人がいます。きっかけの一つとなったのは、テレビでタモリさんが「石鹸を一切使わず湯船につかって汚れを落とす」と発言したこと。その後、ローラさんがそれを実践しているとインタビューで答えたり、福山さんがラジオで「基本的には洗わない」と発言したことで「タモリ式入浴法」と名付けられ浸透していきました。

「石鹸によって必要な皮脂まで洗い流され、乾燥する」「乾燥することでその分過剰な皮脂が出てくるようになってしまう」という理由でこの入浴法を肯定する専門家もいます。

体に関しては、ニオイなどが気にならない人、体臭がそれほど強くない人、または乾燥肌や敏感肌の人、アトピーなどが原因で極度に乾燥する人にとってはとても有効な方法だと思いますが、メイクをする女性が全く洗顔料を使わずお湯だけでメイクをキレイに落とすというのは不可能ですよね。「タモリ式入浴法」を実践しているというローラさんだって顔を洗う時は洗顔料を使っていると思います。

メイクをしたら必ず落とさなくてはいけません。クレンジングの成分が肌に残ってしまうことがあるのでその後の洗顔は必要です。ただのほこりだけならお湯で洗い流すだけでもいいかもしれませんが、クレンジング剤をお湯だけで落とせるとは思えません。メイクをする女性にとっては洗顔料は必要なものです。

洗顔料の種類

【固形石鹸】
フォームなどに比べると泡立てるのが大変ですが、肌への刺激が少ないものも多く発売されています。モノによっては水で柔らかくなって変形してしまったり雑菌が付着してしまうこともあるので常にキレイな状態で保管する必要があります。

【洗顔フォーム】
一番多く使われているのがフォームですね。液体タイプ、クリームタイプ、泡タイプ、スクラブ入りのものなど種類も豊富です。泡立てが簡単というのも愛用者が多い一つの理由かもしれません。

【洗顔パウダー】
粉末状の洗顔料。酵素入りのものなどがあります。水分を含んでいないため、防腐剤が少なくて済むというメリットがあります。無添加のものなどは敏感肌の人からも人気です。水をたして泡立てなければならないためちょっと手間はかかりますね。

【洗顔ジェル】
水分を多く含むので泡立ちが良いのが特徴。洗浄力は高めでスッキリするものが多いので脂っぽい肌の人にもオススメです。

乾燥が気になる人はどうすればいい?

私は夜しか洗顔料は使いません。朝は洗い流すだけ。もともと乾燥が酷かったのでメイクのノリは悪いし、時間が経つとどんどん乾燥していって粉吹いてしまうので、メイクするのが嫌で嫌で仕方なかったんですが、朝、洗顔料を使わないようにしてみたら乾燥がマシになってきたんです。それがきかっけで「私には朝の洗顔料は必要ない」と思うようになり、あまり乾燥しなくなった今でもそれを続けています。

朝洗顔料を使わなくなったからといってトラブルが起きることもありませんし、不都合なこともありません。気になる時は拭き取り化粧水を使うこともありますが、基本は洗い流すだけ。

朝晩洗顔料を使っていて乾燥が気になる…という人は試しに朝の洗顔料だけ省いてみてはいかがでしょうか。何でも個人差があるので必ず乾燥が改善されるとは言い切れませんが、試してみる価値はあると思います。ただ夜はしっかり洗顔料を使って丁寧に汚れを落としてくださいね。

洗顔の注意点

●洗いすぎない
皮脂や汚れを気にして1日に何度も洗顔する人がいますが、基本的に朝晩2回で十分です。1日に何度も洗顔をすると必要な皮脂まで奪われ、バリア機能も正常に働かくなります。洗浄力が強すぎると潤いも取られ過ぎてしまいますから、ほどよい洗浄力のものを使うようにしましょう。「乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌される」ということもありますから、洗えば洗うほど皮脂が出てくる…なんてことにもなりかねません。洗いすぎには注意してくださいね。

●よく泡立てる
固形石鹸でもフォームでもしっかり泡立てて、泡をのせて優しく洗うイメージで洗顔するようにしてください。泡立て方が足りないと、指が直接顔に触れ、刺激につながります。手で泡立てるのは大変ですが、ネットなどを使うと簡単にたっぷりの泡が作れますから時短にもなって非常に便利ですよ。

●すすぎをしっかり
すすぎが足りず顔に洗顔料が残ってしまうと吹き出物や毛穴のつまりなどのトラブルにもつながりますから、30回くらいを目安にしっかりすすぐようにしてください。すすぐ際のお湯の温度にも気をつけてくださいね。熱いお湯ですすぐと肌を乾燥させてしまいますから、ぬるいなと感じる程度の温度にしてください。

●拭き取りは優しく
タオルで拭く時、ゴシゴシすると気持ちいいですが、せっかく洗顔時に刺激しないようにこすらないように注意して洗っても、拭く時に肌を刺激してしまっては何の意味もありません。顔にのせたタオルは動かさないようにして水分を吸い取るだけにしてください。

●洗顔したら保湿を
洗顔後、時間が経てば経つほど乾燥していきますのですぐに保湿をしてください。どんな洗顔料でも、ある程度の皮脂は取られてしまいますから、その分しっかり保湿をすることが大事です。

アイテム別 menu

肌トラブル・美容目的別 menu

年代別 menu

注目美容成分別 menu

Information menu

このページのトップへ